大人気新作 伊賀花入れ 花瓶 花器 共箱 詳細不明 経年保管品(検索:古伊賀) 伊賀

¥7,500

(税込) 送料込み

最終更新 2024-07-16 UTC

商品の説明

 
				            伊賀花入れ 花瓶 花器 共箱 詳細不明 経年保管品(検索:古伊賀)                                    伊賀花入れ 花瓶 花器 共箱 詳細不明 経年保管品(検索:古伊賀)                                    伊賀花入れ 花瓶 花器 共箱 詳細不明 経年保管品(検索:古伊賀)                                    伊賀花入れ 花瓶 花器 共箱 詳細不明 経年保管品(検索:古伊賀)                                    伊賀花入れ 花瓶 花器 共箱 詳細不明 経年保管品(検索:古伊賀)                                    伊賀花入れ 花瓶 花器 共箱 詳細不明 経年保管品(検索:古伊賀)                                    伊賀花入れ 花瓶 花器 共箱 詳細不明 経年保管品(検索:古伊賀)伊賀花入れ 花瓶 花器 共箱 詳細不明 経年保管品
●サイズ:高さ約35.5cm横幅約14.0cm
     口径約8.0cmx約9.0cm重量 約3.8kg
※「古伊賀」かどうかは、分かりません。「古伊賀」は一般的な呼称で、知り合いの元学芸員によると、「古伊賀」と「伊賀焼」の区別は、学術的にはないそうです。どちらも「伊賀」が正式名称だそうです。
※商品は、画像に写っている物が全てです。経年経過によるひび割れや汚れ、スレ、キズ等がございます。商品の状態を「傷や汚れあり」としていますが、「伊賀」は、高温焼成による欠けやひび割れ、歪みなどが特徴の焼き物であり、評価されるポイントですので、何ら問題のない状態と考えています。しかし、感じ方は人それぞれですので、画像をよくご覧になり、納得の上、ご入札ください。

伊賀焼とは
歪んだ形と、碧緑色の「ビードロ釉」、赤く焼きあがった「火色」、灰色のゴツゴツした器肌の「焦げ」が魅力の焼き締め陶器。国指定の伝統工芸品伊賀焼は中世の時代に伊賀市の槙山に近い五位ノ木窯跡などで周辺の豊富な陶土と薪の燃料を利用し信楽焼と同じ擂鉢や甕、壺などが焼かれました。その後、茶の湯が盛んとなった17世紀初めの桃山時代には、伊賀国領主であった筒井定次や藤堂高虎、高次の時代にお庭焼として武将茶人の古田織部などの指導で槙山の西光寺窯や丸柱の堂谷窯で豪放で力強く破格な美意識を持った茶陶の水指や花入が焼かれました。この時代の伊賀焼は、一般に古伊賀と言われ器壁には、ヘラ工具を使用した波状の文様や格子状の押し型文様の他、ゆがみ、緑色のビードロ、灰かぶりや焦げ、鉄釉を垂らすといった意匠が見られ作為性の強い作品となっています。
日本陶磁の最高峰とまで言われ、以前、作家の川端康成はノーベル賞受賞の記念講演「美しい日本の私」のなかでわび、さびといった日本文化を代表する焼き物として古伊賀を採りあげ絶賛しました。この時代の花入や水指6点が国の重要文化財の指定を受け、また、美術館や博物館に収蔵されている作品も数多くあります。しかし、桃山時代が終焉をむかえると伊賀焼も焼かれなくなります。その後、18世紀中頃の江戸時代に藤堂藩の支援もあって、日常雑器の碗や皿、鍋、など日常雑器を中心に丸柱で再び焼かれ始め、弥助、定八といった陶工が活躍し現在の伊賀焼の基礎ができました。今は、土鍋や食器を中心に茶陶も焼かれ、古伊賀に劣らない新しい伊賀焼を目指し作陶に励む陶芸家の姿も見られます。

古伊賀とは
三重県伊賀地方において,桃山時代以前に窯業が行われていたのか,そしてそれはどの時期に始まったものか,現在においても依然明確になっていない。桃山時代に茶の湯に用いることを前提として焼成された伊賀焼は,古伊賀と呼ばれ,筒井伊賀,藤堂伊賀,遠州伊賀とに区別されているが,そのそれぞれが何処で何時から何時まで焼かれていたのか,伝世しているそれぞれの古伊賀がどれであるのか,推測の域を出ない。桃山時代に,槇山窯,丸柱,上野城内の3ケ所で焼かれていたことが現在までの調査で明確になっているが,詳細については今後の窯跡調査を待たなければならない。
信楽においては,桃山時代よりかなり以前から雑器類が生産されていたことが知られているが,これらが焼かれていたことが想定される五位の木窯と,槇山窯とは隣接した位置にあり,使用された土にも,焼成の方法も差異は小さく,現在の時点において信楽で焼かれたとされている壺や甕の中に伊賀で生産されたものが存在する可能性は高い。一般的には,伊賀においても中世に窯業が既に行われていたとされている。
茶会記において,天正9年(1581)11月に「伊賀壺」が用いられたことが記されているのが確実な史料での初出で,好評を得て以後たびたび茶会記に「伊賀壺」は登場しているが,茶陶・伊賀の焼成は,古田織部の弟子で数寄者であった筒井定次が大和郡山から伊賀上野へ国替えとなった天正13年(1585)正月以降に始まったものと考えられてる。茶の湯の器として焼成された伊賀焼が用いられたことを記す最も早い記述は,桂又三郎氏によれば,天正15年(1587)正月24日の紀州徳川家旧蔵『利休自筆御茶会席』(『利休百会記』)に記述があることになるが,この徳川家旧蔵の記録を全面的に信用することはできず,茶陶・伊賀焼の開始は慶長年間にまで下る可能性もある。筒井定次が改易されたのが慶長13年(1608)であることから,筒井伊賀はこの年までに焼成されていたことになる。
藤堂伊賀は高次の時代,すなわち高虎が没した寛永7年(1630)以降ということになる。しかし筒井定次改易から寛永7 年まで領主であった高虎の時代の消息は伝わっていないが,高虎と古田織部や小掘遠州との交友関係からして高虎の時代も焼成されていたことを否定することは難しい。遠州伊賀については,寛永年間であろうと推測されるくらいで不明な点が多い。
茶の湯が「わび」という明確な理念を確立し,唐物嗜好から脱皮して,粗末な雑器を茶器に見立て,そして自らの好みに合う茶道具を創造していくことになるが,同じ意図から作陶された同時代の陶芸のなかでも豪壮な古伊賀は,破格の風情を持っている。
端正な形態を拒否した上に,さらに激しい炎の洗礼を受けて生じた歪みやひび割れ,偶然の窯変によってできた焦げ,ビードロ釉,そして強烈な作意を窺わせる 目などが見所となった古伊賀の花生や水指の風格は,他に類例を見ることができないほどの美しさを持っている。古伊賀は純粋抽象芸術の最も先駆けでもある。(もう何十年も前の話ですが、知り合いの元学芸員によると、京都で出た古伊賀に1億5千万円まで値段を提示したが、所有者に断られたことがあったそうです。)

Yahoo!オークション - 時代◇伊賀耳付花入(伊賀焼 古伊賀 花器 花瓶

Yahoo!オークション - 時代◇伊賀耳付花入(伊賀焼 古伊賀 花器 花瓶


正規品 伊賀焼 古伊賀 双耳花入 花瓶 時代箱付 V R5081B | www

正規品 伊賀焼 古伊賀 双耳花入 花瓶 時代箱付 V R5081B | www


オープニングセール 耳付花入 古伊賀 花生 花瓶 伊賀焼 美術品 工芸品

オープニングセール 耳付花入 古伊賀 花生 花瓶 伊賀焼 美術品 工芸品


オープニングセール 耳付花入 古伊賀 花生 花瓶 伊賀焼 美術品 工芸品

オープニングセール 耳付花入 古伊賀 花生 花瓶 伊賀焼 美術品 工芸品


Amazon.co.jp: 古伊賀焼 花瓶 文仙作 花入れ 壺 : ホーム&キッチン

Amazon.co.jp: 古伊賀焼 花瓶 文仙作 花入れ 壺 : ホーム&キッチン


Amazon.co.jp: 古伊賀焼 花瓶 文仙作 花入れ 壺 : ホーム&キッチン

Amazon.co.jp: 古伊賀焼 花瓶 文仙作 花入れ 壺 : ホーム&キッチン


2024年最新】Yahoo!オークション -伊賀 花入の中古品・新品・未使用品一覧

2024年最新】Yahoo!オークション -伊賀 花入の中古品・新品・未使用品一覧

商品の情報

カテゴリー
坪島土平 廣永窯 伊賀 茶碗 ( 川喜田半泥子 師事 )

坪島土平 廣永窯 伊賀 茶碗 ( 川喜田半泥子 師事 )

西山窯 瀧山 作 伊賀ビードロ龍文板皿 辰

西山窯 瀧山 作 伊賀ビードロ龍文板皿 辰

<翔> ● 人気作陶家 辻村 塊 伊賀 ぐい呑み ★

<翔> ● 人気作陶家 辻村 塊 伊賀 ぐい呑み ★

人気作家★★辻村唯【師:辻村史朗】★自然釉【ビードロ】掛花入★共箱・布

人気作家★★辻村唯【師:辻村史朗】★自然釉【ビードロ】掛花入★共箱・布

<最終値下げ>長友軒 二代長楽 伊賀写四方耳付花入 井口海仙(淡々斎の弟)花押    m499

<最終値下げ>長友軒 二代長楽 伊賀写四方耳付花入 井口海仙(淡々斎の弟)花押    m499

この商品を見ている人におすすめ